6

KEIJIROYAMADA

山田 敬二郎

第一システム開発本部/
2014年入社

「部署、入社年次、協力会社との関係など、とにかく壁がなく温かいコミュニケーション」「教育にも熱心で若い力を育てていくという会社全体の雰囲気」に魅力を感じながら働く、4年目のチームリーダー。これまでの業務で学んできた「対話に重きを置く姿勢」で、ともにプロジェクトに取り組むメンバーが一丸となり、みんなで成長していける仕事を目指している。

  • TOP
  • 社員を知る
  • 山田 敬二郎(第一システム開発本部/2014年入社)

PERSON

大学・大学院では日本中世史を専攻し古文書を研究する日々でしたが、社会人としては他の分野に挑戦してみたいという思いがありました。そんなとき身近にあるクレジットカードの仕組みに興味をもち、決済システムにおいて業界シェアNo.1のインテリジェント ウェイブを知り、働いてみたいと感じました。入社して最初に参加したのは銀行の決済中継システムのプロジェクトで、C言語を用いた保守案件の開発や設計書整備などを経験しました。当時はわからないことも多くあったのですが、上司や先輩、協力会社の方を問わず、初歩的な質問にも快く答えてくれる環境に救われました。飲み会にも誘ってもらい、仕事場と全く違った一面を見せることで距離を縮めようとしてくれたことも覚えています。「相手のことを思いやり、忙しくとも親身に接する」姿勢は自分も大事にするようになり、今も心がけていることのひとつ。座右の銘の「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」にも通じるところがあります。

WORK

最初のプロジェクトから現在に至るまで、クレジットカード分野の開発部門に所属しています。2年目はオーソリゼーション(信用承認)に関するシステムの開発で、プロジェクト間の横断的な管理を担う“PMO(Project Management Office)”チームの一員として、プロジェクトの各工程を細かく展開した構成図“WBS(Work Breakdown Structure)”を用いた管理を学びました。その後は開発チームに加わり、製造・試験・リリース作業を学ぶ機会も得ることができました。3年目からはカード会社のシステム統合プロジェクトに参画。システムの骨組みにあたる外部設計工程から携わるなど、様々な経験を積みました。現在もこのプロジェクトに関わっており、不具合への対応、対応完了後のリリースの管理、そうした作業に関する業務効率化ツールの作成などを担当しています。4年目からはチームリーダーとして、タスク管理や他チームとの橋渡し役といったマネジメントについても学んでいる最中です。

SCHEDULE

08:45

出社&始業。チームがどう動くかをまず確認する。

チームのタスク整理。メンバーの状況に思いを馳せながら、誰にどんな作業を依頼するかを決定することから1日が始まる。

10:00

朝会。プロジェクト全体の動向の確認、情報共有。

プロジェクトに参画しているチームのメンバーで行う朝会に出席。不具合対応の進捗などを報告し、必要であれば周囲と相談しながらスケジュールの調整などの対応策を練る。

12:00

昼食にはこだわりあり。自作のお弁当を持参。

朝、自分で作って持ってきたお弁当を食べるのが楽しみ。1人の時は好きな音楽を聴きながら食べることも多い。気持ちを切り替える時間になっている。

13:00

不具合対応を担当するチームによる昼会で情報共有。

昼休み終了後、不具合対応チームで昼会を行い、より細かな進捗確認と、状況に応じて必要なフォローを行う。終了後はチームに割り振ったタスクの進捗確認(終業前確認)や他領域の設計書を読み(設計書確認)、知識を深めることも。

19:00

終業までにすべきことを終えたら、退社。

帰宅途中は趣味のテニスの試合動画を鑑賞するのが日課。

  • 高野 真一

    第二システム開発本部/2013年入社

  • 都所 恒輝

    第二システム開発本部/ / 2016年入社

  • 林 実優

    セキュリティソリューション本部 / 2018年入社

  • 小山 大地

    第三システム開発本部 / 2014年入社

  • 南雲 博

    第二システム開発本部 / 2016年入社

  • 山田 敬二郎

    第一システム開発本部/2014年入社

  • 友寄 知香

    第三システム開発本部/2013年入社

  • 茂木 康高

    セキュリティソリューション本部/2015年入社

  • 寺田 雅一

    第二システム開発本部/2007年入社

  • 川村 大河

    第三システム開発本部/2014年入社

ページトップへ