5

HIROSHINAGUMO

南雲 博

第二システム開発本部/
2016年入社

大学で学んできたプログラミングや情報系の知識を存分に活かし、インテリジェント ウェイブのクレジットカード不正利用検知システム「ACEPlus」にAIを用いたスコアリング機能の搭載、精度の向上に力を尽くしている。キャッシュレス決済のさらなる普及のために、不安の排除は欠かせない。そのための大きな役割をモチベーションに、業務に取り組んでいる。

PERSON

在籍していた大学の学科が情報系だったため、就職活動ではIT企業のみを志望していました。インテリジェント ウェイブに興味を抱いたのは、まず金融系のIT企業である点でした。当時よく耳にするようになっていた金融とITの組み合わせを意味する“Fintech”という用語が気になっていたからです。その分野に対するバックボーンを持つ点に企業として大きな将来性を感じました。また自社パッケージ製品を開発している点にも惹かれました。大学でプログラミングを学びその面白さを知ったので、独自性のあるプログラム開発に携われる企業を志望していました。入社して感じているのは比較的自由に働くことができるということ。フレックスタイム制度があるので出勤時間の調整がしやすく、1時間単位で代休を取得できるので自分のペースで働くことができます。若手でも意欲次第で活躍の場が用意してもらえる風土もあります。入社数年目でプロジェクトを任せられる人がいたり、産学共同研究に関わることもできたりします。

WORK

当社が自社パッケージとして保有している「ACEPlus」の開発・導入・保守業務を担当しています。そのなかでも私は、「ACEPlus」のオプション機能の1つであるスコアリング関連の開発に携わっています。スコアリングとは「取引が不正利用である疑わしさ」をスコアとして数値化する機能で、主に未知の不正利用パターンを検知するために使用します。スコアの算出にはAI技術を活用し、機械学習により過去の不正利用の傾向から未知の不正利用を自動検知しようとする点が大きな特徴です。キャリアとしては、入社直後は設計書の整備や試験走行を行っていましたが、その後立ち上がった「ACEPlus」導入プロジェクトに参加することになりました。導入プロジェクトでは改修機能の開発を担当し、新たに導入することになったスコアリングについて学ぶ機会を得ました。同時期に大学との産学共同研究に参加し、新しいスコアリング手法の本番検証作業なども行いました。以来、スコアリング機能を中心とした「ACEPlus」プロジェクトの開発や運用に関わっています。

SCHEDULE

09:30

出社はやや遅めに。メールチェック&タスク整理。

フレックスタイム制度を活用し、やや遅めに出社するようにしている。通勤ラッシュなどを避けることができるので仕事にスムーズに入れる。メールチェック後、1日のタスクを整理。業務開始。

11:00

課会で情報を共有する。

同じ課のメンバーとの会議で情報共有を行う。終了後に昼食をとる。「眠さを感じる場合は昼寝をする」というルーティーンも。

13:00

プログラミング&本番作業など。

プログラムを書くときは特に作業に集中。書き上げたものをお客さまの設備の環境でオペレーションを行い、様々なチェックをすることもある。

17:00

諸々、資料作成し翌日に備える。

その日の業務を振り返りながら、翌日の会議に向けて必要な資料を準備する。

18:30

退社する。帰れるときは早く帰り、生活のリズムを守る。

残業が生じることもあるが、帰れるときはできるだけ早く帰れるように調整し、生活のリズムを大事にしている。

  • 高野 真一

    第二システム開発本部/2013年入社

  • 都所 恒輝

    第二システム開発本部/ / 2016年入社

  • 林 実優

    セキュリティソリューション本部 / 2018年入社

  • 小山 大地

    第三システム開発本部 / 2014年入社

  • 南雲 博

    第二システム開発本部 / 2016年入社

  • 山田 敬二郎

    第一システム開発本部/2014年入社

  • 友寄 知香

    第三システム開発本部/2013年入社

  • 茂木 康高

    セキュリティソリューション本部/2015年入社

  • 寺田 雅一

    第二システム開発本部/2007年入社

  • 川村 大河

    第三システム開発本部/2014年入社

ページトップへ